あなたも実行委員会のメンバーになりませんか?

とうきょうプレイデーは実行員会形式でプロジェクトの運営を行っています。毎年春にキックオフを行い、月に一度の定例会を中心に半年以上の時間をかけて、よりよいキャンペーンとなるように、年ごとに一から検討を重ねています。

メンバーは、子どもに関わる仕事に従事する者(保育士、幼稚園教諭、児童館職員、プレイリーダーなど)、子どもの居場所づくり(プレーパークなど)の運営者が多いですが、趣旨に賛同した個人により構成されています。年齢も性別もばらばら。サラリーマンも主婦の方もいらっしゃいます。実行委員の友人から誘われたことをきっかけに、今まで子どもに関わったことがなかった人も参加しています。

”ワイワイガヤガヤ”と楽しみながら、”けんけんがくがく”そんな時間も大切に、みんなでとうきょうプレイデーをつくりあげています。

実行委員会はいつでも仲間を募集しています。私たちと一緒にプレイデーをつくってみませんか?

実行委員会への関心のある方は、こちらへ!


2017の実行委員会メンバー

<実行委員長>

中原 毅

<事務局>

嶋村仁志
(一般社団法人TOKYO PLAY)

高橋利道
(一般社団法人TOKYO PLAY)

林希栄子
(一般社団法人TOKYO PLAY)