【19】渋谷の遊び場を考える会

こどももおとなも みんな遊ぼう!プレイデーなわとびスペシャル!


【活動場所】渋谷はるのおがわプレーパーク(渋谷区代々木5-68-1)
【運営者】渋谷の遊び場を考える会
【開催時間】10:00〜16:30
【当日の実施内容】
木工作、泥遊び、水遊び、鬼ごっこ、そして名前のない様々な遊び。いつもの遊び場の片隅で、とうきょうプレイデーのなわとび10000人プロジェクトに挑戦します!自分の限界まで跳んでみるもよし、遊びの合間にちょっと跳んでみるもよし。子どももおとなも、渋谷で遊ぼう!

【当日の様子】
当日準備をしていると、「そっか、今日プレイデーか」と子どもが呟き、プレイデーマンを被ってポーズを決めて遊びだした。子どもの中でも、プレイデーが恒例のものになってきている様子があった。みんなでなわとびをしよう、というポスターを大きく掲示することで、こちらから声を掛けなくても気軽になわとびを始める親子の姿もあった。当日はオリンピックセンターや代々木公園からの帰りに立ち寄る大人や若者、親子連れも多く、常連の子どもも初めて来た大人も一緒になってなわとびを楽しんでいた。代々木公園や西武前でなわとびをした後にはるのおがわプレーパークに来た人もいて、東京での遊びのつながりを感じられる1日だった。

   



【団体紹介】 ホームページ:http://harupure.net/
渋谷はるのおがわプレーパーク(通称はるプレ)は渋谷区唯一の常設プレーパークです。発見や工夫や冒険のきっかけがちりばめられた、自然の中で自由に遊べる公園です。木工作、泥遊び、水遊び、鬼ごっこ、そして名前のない遊びを子どもたち自身が日々作り出して、思いっきり遊んでいます。
開園中はいつもプレーリーダーというスタッフがいます。子どもたちの遊びを見守ったり、遊び場がもっと楽しくなるように工夫したり、ケガをしたときなどに対応したりしています。
はるプレは金曜日から水曜日までの午前10時から午後5時まで開いています。木曜日がお休みです。雨でも風でも雪でも開いています。
子どもも大人も赤ちゃんも、渋谷区の人もそうでない人も。ぜひ遊びに来てください!