【24】NPO法人プレーパークせたがや 烏山プレーパーク

烏山プレーパーク、プレイデーに通常開園


【活動場所】烏山プレーパーク(世田谷区北烏山8-5 北烏山もぐら公園内)
【運営者】NPO法人プレーパークせたがや 烏山プレーパーク
【開催時間】10:00〜18:00
【当日の実施内容】
プレイデーの旗などを賑やかに飾り、いつものように焚き火や水遊び基地作りなど自由に遊んでもらいます。

【当日の様子】
園内に実ったザクロを長い棒で落とし、小さな実を一粒一粒取り出してザクロ酢作り。かなり根気のいる作業で大人も子どもも頑張った!ホタテを持ってきた子どもが焚き火で焼いて皆に振舞ったあと、その殻を使って釘さしならぬ[ホタテさし]に挑戦。思いのほか地面にささるホタテの殻であった。
【団体紹介】 ホームページ:http://playpark.jp/
プレーパークせたがやは、「羽根木プレーパーク」「世田谷プレーパーク」「駒沢はらっぱプレーパーク」「烏山プレーパーク」の4つのプレーパーク事業を、世田谷区より委託されています。プレーパークの運営は世話人と呼ばれる地域住民と、プレーワーカーにより行われています。その中で烏山プレーパークは、草茂り土豊かな昔ながらの野原を思わせる遊び場として親しまれています。