playday_logo
「すべての子どもが豊かに遊べる東京」を、東京で過ごす大人・子どもみんなで目指すことができるよう、遊ぶ大切さを啓発するキャンペーンです。

毎年10/1都民の日を「とうきょうプレイデー」として定め、この1週間、遊ぶ大切さをみんなで感じ、考えます。子どもにとって「遊び」は本能の営みであり、幸せな子ども時代の基本です。子どもたちは遊びを通して、自らの生きている世界を学びます。けれど、その大切な営みの時間が、さまざまな「大人の事情」で失われているのが現状です。

とうきょうプレイデーは、あらゆる立場の人がこの現状について考え、つながり、一緒に遊び、実際に行動を起こすためのきっかけをつくることで、子どもの遊びが大切にされる社会の実現を目指します。また、子どもたちが年齢、家庭環境、人種、障害の有無、 経済的事情などに関係なく、東京でこども時代を過ごせてよかったと思えるように、「すべての子どもが豊かに遊べる東京」を目指しています。

 

 

 

PLAYDAY SPOT 2019

プレイデースポット2019

プレイデースポットの登録はこちらから