今日は、イギリスのプレイデー!!

プレイデーの発祥は、イギリス。
イギリスでは、『8月の第1水曜日』にあたる今日(8/7)がプレイデー(Playday)です。

イギリスのプレイデーでは、毎年テーマが掲げられており、
今年のテーマは、「Play Builds Children(遊びが、子どもをつくる)」です。
ぜひ、ウェブサイトもチェックしてみてくださいね!
http://www.playday.org.uk/

ここ、東京のプレイデーも、あと2ヶ月を切りました。
一緒に盛り上げていきましょうね!

ーーー以下、イギリスの「プレイデー2019」ウェブサイトより(事務局拙訳)

2019年のプレイデーのテーマは、子どもや若者たちにとっての遊びの意味について、多数の点に焦点を当てたいと考えています。

「遊びは、友情をつくる」
遊ぶことで、子どもは人と関わり、関係を育て、衝突をおさめ、他者を尊重することや我慢を学びます。

「遊びは、レジリエンスを育てる」
遊ぶことで、子どもは自信や創造性、問題解決のスキル、粘り強さが引き出され、人生を通してストレスや困難に対処することができるようになります。

「遊びは、健康とウェルビーイングをつくる」
子どもが遊びを通じていきいきとした状態でいることは、体と心の健康と幸せにつながっています。

「遊びは、コミュニティをつくる」
遊ぶことで、子どもは自分の生きている世界について学び、つながりをつくり、アイデンティティや帰属意識を育てます。

(原文)

The Playday 2019 theme aims to highlight the many ways in which play is beneficial to children and young people.
Play Builds Friendships – playing allows children to interact with others, develop relationships, deal with conflict, and learn respect and tolerance.
Play Builds Resilience – playing boosts children’s confidence, creativity, problem-solving skills and perseverance, enabling them to cope with stress and challenges throughout life.
Play Builds Health and Well-being – being active through play helps children physically and emotionally, contributing to their health and happiness.
Play Builds Communities – playing allows children to learn about the world around them, make connections, and develop a sense of identity and belonging.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です